女性

ビタミンCの美容効果

皮膚が弱いと刺激になる

女性

ビタミンC誘導体はビタミンCを肌に浸透しやすいように加工した成分です。ニキビ、ニキビ跡、たるみ、しみ、くすみ、小じわなど、あらゆる肌トラブルに効果がある成分で、美容マニアの間ではビタミンC誘導体入りの化粧水は美肌の定番アイテムとなっています。ただし、ビタミンC誘導体は肌が弱い人が使用すると刺激が強く出ることがあります。敏感肌や超乾燥肌の人がビタミンC誘導体配合化粧水を選ぶときには、ビタミンC誘導体の含有量が1%〜3%ぐらいの商品から試してみることをおすすめします。また、ビタミンC誘導体には皮脂を抑える働きがあるので、使用後はしっかりクリームで保湿をしてモイスチャーバランスを整えることが大切です。

ビタミンCの優れた効果

ビタミンCはコラーゲンを生成して肌の潤いをアップさせる効果や、メラニンを分解してシミやくすみを薄くする効果があります。厚生労働省が定めるビタミンCの一日の理想摂取量は100mgですが、それだけだとほとんどが脳や肝臓に使われてしまい、肌まで効果が回るまえになくなってしまいます。また、ビタミンCは水溶性のビタミンなので、大量に摂ったとしてもほとんどが尿と一緒に体外に排出されます。しかし、ビタミンC誘導体配合の化粧水を使用することで、直接肌にビタミンCを補給して、肌のトラブルを解消することができます。ビタミンC誘導体配合化粧水はピュアビタミンとは違い肌への浸透力がよく、肌の内部にまで行き届いて美肌に導いてくれます。